「フラット着地はビギナーランナーは避けた方がいい」は本当か

「フラット着地はテクニックが必要なので初心者はやらない方がいい」と書いてある本を見つけました。
最近は着地についてもいろいろな考え方がありますが、そもそもも足の裏のアーチは着地の衝撃に強い構造です。
足へのストレスという部分から考えてもアーチ構造を生かして着地する、「フラット着地」の方が初心者にはむしろお勧めです。

膝やふくらはぎの痛みなどのランニング障害で相談に来る人に多いのは、「踵から着地してつま先で地面を蹴る」、「マラソンのトップランナーのようにつま先から着地している」という人です。

そういう人達には足裏全体でフラットに着地する『イメージ』でやってもらいますが、それだけで痛みを感じることなく走ることができます。
さらに真下に叩き込む『イメージ』を持つと地面からの反発をうまく利用して弾むような走りになりストライドも広がり、スピードもアップします。

ようは、余計なことを意識しないで自然にやりましょうということです。
踵からの着地も体が前に進んでいくと自然とそのような動きになるだけですし、マラソンのトップランナーなんかは脚の回転が速すぎてフラットに着地できないのでつま先から着地しているように見えるだけです。

自然にやるとそうなる動きを意識的にやってもうまくいきません。
真似るならスムーズな動きや流れの部分です。
トップランナーの走り方を気軽に見られるのはいいことですが、スローモーションや静止画ではこういう感違いが起こってしまうので注意が必要です。

広告