「走っている時に膝が内側に入ってしまいます。直すにはどうしたらいいですか?」

着地の時に膝が内側に入ってしまうような走り方を続けていると膝などを痛める危険があるので直すことが好ましいのですがなかなか大変です。

「膝が内側に入らないように」と意識してもうまくいきません。
立っている時のように止まっていればまだ意識で脚を真っ直ぐにすることはできても走っている時の両足が地面から離れて跳んでいる状態です。
その状態から接地しますが、その時間は1秒もありません。
何かを意識している間にはもう足は離れてしまっています。
なのでいろいろ意識することは余計な力が入ってぎこちない走り方になってしまいます。

「太ももの内側の筋肉を筋トレで鍛えて真っ直ぐにできるようにする」ということで片足を前に踏み出して沈んでいくフォワードランジというエクササイズで膝が内側に入らないように意識して行うというものがよく使われます。
これも動作は似ているように見えますが、ランニングの接地は両足が離れた状態から足を着きますがランジは片足が地面に着いた状態で行います。
動きは似ていてもそもそもの動作は全く違うものですから接地の改善にはあまり効果がありません。

膝が内側に入ってしまうのは意識が足りないわけでも筋肉が弱いわけでもなく、「着地の動作」に問題があります。

そういうケースに対しては「普段の立ち姿勢」と「足の着き方」を直すことでだいたいうまくいきます。
普通に立った時にO脚やX脚のような脚の捻じれがある人はそれが着地の動作がうまくできない原因でもあるので脚の捻じれを直して真っ直ぐに伸ばせるようにして走ってみると着地の感覚が良くなります。

そのために筋トレやストレッチングなんかをする必要もありません。
テーピングを使って“膝が真っ直ぐになるように”、“接地が足裏全体できちんとできる”ようにしてから走れば自然と膝が内側に入る癖が修正され、綺麗な接地でしか走れなくなります。

「〜しないように」という意識の仕方をよくしますが、それはそれをするように意識しているのと同じことです。
着地がうまくいかないなら適切な着地をした時の感覚をインプットしてしまえば考えなくても良い着地しかできなくなります。
そういう着地を繰り返し、良い走り方で走っていれば自然と走るために必要な筋力も養われます。

広告