ひざ痛にはスクワットが良いと言ってたからやってみたら膝が余計に痛くなった

パーソナルトレーニングではひざ痛の方にも関節の動きをスムーズにすることを目的にスクワットをしてもらいます。
スクワット動作がスムーズにできるようになると膝の痛みも軽くなります。
クライアントさんはスクワットがきちんとできるようになることで確実にひざ痛が良くなっています。

しかし、一般的なスクワットは下半身の筋肉を鍛えるためのエクササイズですから同じようにスクワットをしても太ももの前などは鍛えられても膝の関節の噛み合わせを良くすることはできません。
だからスクワットをしたら膝が余計に痛くなってさまうのです。

スクワットで特に難しいのが立っているところからしゃがむ動作です。
これはひざ痛がない人でもなかなかスムーズにできません。

スムーズにしゃがむためには足首、膝、股関節が連動して動いてくれることが大切なのですが、ひざ痛を抱えている人は膝を曲げてしゃがもうとするので足首、股関節をうまく使うことができません。
それじゃあと、「足首を緩めましょう」、「股関節を緩めましょう」と言っても余計に力が入ってしまってうまくしゃがめません。

ひざ痛の人にスクワットをやってもらう時には関節、特に『股関節』をきちんと動かすことを意識してますが、それがうまくいくと膝関節の動きもスムーズになって噛み合わせを整うのでひざ痛の改善に繋がります。
普通はスクワットの時の股関節の動きというと曲げて伸ばすくらいのイメージしかないですからね。

また、ダンベルを持ってこのスクワットをすると下半身や体幹の強化できますのでウエストや太ももの引き締め、ヒップアップなどいろんな目的のトレーニングにも使えます。

スクワットをやることよりも、「何のためにスクワットをどのようにやるか」を考えてやらないと思ったような結果が出ないどころか大ケガをしてしまいます。

広告