膝が痛くても我慢してた方がひざ痛は良くなる?

ひざ痛の多くは関節の噛み合わせが悪いことが原因で動かすと痛みが起こりますから、動かすことが辛いので動かしたくないものです。
ですが、動かさないと筋肉も硬くなり、関節の可動域も小さくなり、本当に動かなくなっていきます。

動かなくならないためには動かすことが必要になってきますが、痛みを我慢してまで動かせということではありません。
きちんとひざ痛の原因を解決した上で動かしましょうということです。

そもそも膝が痛くなるのは関節の噛み合わせですからそれを元の良い噛み合わせに戻してあげれば動かしても痛くなくなります。

膝が痛くなる人は日常生活動作や体を動かす時に膝の噛み合わせが狂ってしまうような体の使い方があるはずです。

ひざ痛の人も全身の筋肉を緩めて股関節、膝、足首といった関節の噛み合わせを改善すると痛みなく体を動かせるようになります。
しかし、そのままではまた体の使い方の癖によって噛み合わせが狂ってひざ痛が再発する可能性がありますので、噛み合わせを狂わせる問題の動作での体の使い方をトレーニングすれば良い噛み合わせが続き膝が痛くなることもなくなっていきますし、筋肉や関節が固まってしまうこともなくなります。

ひざ痛の場合は自分で何とかするよりも脚の関節の適切な動き方というのをきちんと脳に覚えさせる必要があります。
筋トレではなく、関節を動かすことや体の使い方のトレーニングが必要になってきます。

広告