ひざ痛改善

スクワットでお尻の筋肉を強くすればひざ痛が良くなるのか?

スクワットは筋トレのエクササイズというイメージが強いですが、“しゃがんで立ち上がる動作”です。
筋トレのスクワットは日常生活でほとんどやることはありませんが、しゃがんで立ち上がる動作はほとんどの人が日常生活でやっています。

ひざ痛を改善するうえでしゃがんで立ち上がる動作で痛みを感じることなく楽にできるようにすることは大切なことですからひざ痛で相談に来る人に対しても身体を整えてからスクワットをしていただきます。
スクワットの動作が良くなるとお尻の筋肉が使われるようになるのでヒップアップした姿勢になります。
そうするとスクワットでお尻を鍛えればひざ痛が良くなると感違いする人がいますが、筋肉が強くなるからひざ痛が治るのではなく、適切な動作でスクワットをしているとお尻の筋肉が自然と作られていくのです。

ひざ痛の人で椅子のしゃがむ、立ち上がる動作で膝に痛みを感じる人が多いですが、そういった人の場合、姿勢や体のバランスの崩れ、動作のやり方の問題が原因で起こっていることがほとんどです。

姿勢や体のバランスが整っていないとスムーズにしゃがむことはできません。
ひざ痛のある人はイスを使ったスクワットをしてみても立ち上がりや腰掛けていく動作で膝が内側に入ったり、膝の関節に大きな負担をかける瞬間が見つかります。

いくら体を緩めて硬い筋肉を柔らかくしたり関節がスムーズに動くように戻してもスクワットの動作でこういう問題があればすぐに痛みは再発してしまいます。

エクササイズ=筋肉を鍛えるという発想だと筋力強化が痛みを治すための方法だと思ってしまいますが、筋肉が強くなってひざ痛が治るようなことはほとんどありません。
鍛える前にまずは整えることです。

広告