「膝が痛くて水が溜まるんです。どうしたら改善しますか?」という相談

ひざ痛の人の中には水が溜まるという症状を抱えている人もいます。

膝に水が溜まるメカニズムは膝の関節の噛み合わせが悪いためにその破片が原因で炎症が起こります。
炎症をわかりやすく言えば火事が起こっているのと同じことですから、鎮火させるために大量の水(関節液)を出すということです。
その炎症が治まらない限りは水は抜いても再び溜まってしまいます。

やはり根本的な問題を改善していかないと症状はなかなか改善しません。
そういったケースでは関節の噛み合わせを良くすると徐々に水が溜まることもなくなりました。

一番大きな問題は膝に起きていますが、骨盤を良い位置に安定させたり股関節や足首といった関節の噛み合わせも良くして脚を真っ直ぐに伸ばせるように調整すると、たった1回のトレーニングでも歩いたり階段の昇り降りでの膝の痛みも軽くなり楽に動作ができるようになりました。
そういうトレーニングを継続することで症状も徐々に改善されていきました。

大切なのは対症療法ではなく、根本的な原因をきちんと改善していくことです。

広告