「マッサージをしたり鍼に通ってるのに腰痛が良くなりません。」という相談

腰痛になるとほとんどの人は痛いところに電気を当てたり硬い筋肉をマッサージしたり鍼を打ってもらうなど、その時は軽くなった気がしてもすぐに再発するというのを繰り返します。

痛いところ、硬い筋肉といった部分にだけ何かをするような方法だから良くならないだけです。
腰痛を良くしたいなら痛い部分、硬い部分だけを何とかしようとする方法に頼る考え方を変えないといけません。

腰痛になるのは頭、背骨、骨盤、脚が重力に対してきちんと真っ直ぐに並んでいないから、つまり姿勢が悪いからです。

痛いところに電気を当てたり、硬い筋肉をマッサージしたり鍼を打つような1つ1つ個別にやっていく方法では姿勢や体のバランスといったような全体的なことをまとめるのは難しいので効率が悪いやり方になってしまいます。
姿勢という全体的なところを直してしまえば「腰」という部分の問題は簡単に解決することができます。

腰痛のクライアントさんも身体を調整をして硬い筋肉を緩めたり、動きの悪くなった骨や関節がスムーズに動くようにしていくと姿勢や体のバランスといった全身の状態を改善していくことで腰の筋肉の硬さや痛みも確実に軽くなっています。

痛みに対する対症療法で腰痛を改善することは難しいでしょう。
腰痛でも全身的な問題という見方をすることが大切です。

広告