トレーニングの考え方

イスに腰掛けられるのに足首が硬くてスクワットがしゃがめないという理屈はおかしい

足首が硬くてスクワットをするとお尻を低いところまで落としてしゃがめないという人は多いですが、そういった人でイスに座れなくて困るという人はいません。
イスに座るのに問題がないのにスクワットではしゃがめない原因は本当に足首の硬さでしょうか?

スクワットでしゃがめないのは「しゃがみ方の問題」でしょう。
座る時に膝から曲げてもお尻はスムーズに落とせません。
股関節から曲げても同様です。
一番スムーズにしゃがめるのは足首の抜きを使うことです。

足首の関節の硬さや筋肉の硬さではなく、力が抜けない、リラックスできないという『体の使い方』が原因です。
それならストレッチングで筋肉を伸ばしたり、足首を曲げ伸ばしするようなエクササイズをいくらやっても問題は解決できません。

力を抜く、リラックスするためには「無意識」が必要です。
力を抜こう、リラックスしようとしてもその意識は筋肉の緊張しか生みません。

しゃがめない人がお尻を高い位置から落とすことを何度繰り返してもしゃがめる深さが深くなることはありません。
できないことをいくら繰り返しても間違った動き、できない感覚をインプットするだけだからです。

しゃがめるようにしたいのであれば低い位置までお尻を落とすことができるという感覚をインプットしてあげればできるようになります。
ちょっとトレーニングのやり方を工夫をすれば短時間で簡単にしゃがむ深さを増やすことはできます。

足首が硬くてしゃがめない問題は案外単純な理由だったりします。

広告