筋トレをしているのに筋力がアップしない原因は?

筋トレしていれば筋肉が付いて筋力はアップすると思っている人は多いですが、やるだけで筋肉が付くほどトレーニングは単純ではありません。

足腰を鍛えるためにトレーニングしているのに結果が伴なわないという人がどんなトレーニングをしているのかを見てみれば原因がわかります。

足腰の鍛えるためにやっているはずなのにトレーニング負荷を見てみると軽すぎます。
下半身を鍛えるマシンも自分の体重よりも軽い負荷で涼しい顔でやっています。
自分の体重よりも軽い負荷で筋肉が付くわけがありません。
結果に嘘はないということです。

筋肉を大きくするためには日常で扱っている重さよりも重くなければなりません。
普段扱っているのは自分の体重ですから、立って足腰に重力負荷している状態にダンベルなど重りを持つことで負荷を加えて重さを増やせば簡単に体重よりも重い負荷を下半身にかけることができます。

代表的なエクササイズがスクワットになりますが、深くしゃがもうとか使っている筋肉をしっかり意識してなど難しく考えてやる必要はありません。
バランスを崩さないでスムーズにしゃがんで立ち上がれば十分です。
それなりの限界まで繰り返していけば徐々に筋肉はついてきます。

せっかくやっていてもうまくいかないと「こんなはずではなかったのに」と思ってしまいますが、こんなはずではないということはありません。
そのような結果になるべくしてなっているのです。