筋肉を太くするだけが筋力アップの方法じゃない

筋力は筋肉が発揮する力のことで筋力の大きさは筋肉の太さに関係すると言われていますので筋肉を太くするためにひたすら重いものを持ち上げている人が多いですが、そういった力任せのフォームでは緊張で硬くなった筋肉と疲労しか得られません。
いくら重いものが持ち上げられたとしても日常生活動作を楽にしたり競技のパフォーマンスの向上にはほとんど役立ちません。
それはスムーズな動きではないからです。

大きな力を出すためには連動したスムーズな動きを習得することが重要です。
連動した動きをすることによって力が増幅されます。
スムーズな動作を習得することが瞬間的に大きな力を発揮できるようになることです。

スクワットはしゃがんで立ち上がる動作のエクササイズですが膝が痛くなる人、太ももの前ばかりに筋肉痛になってしまう人、ヒップアップのためにやっているのにヒップアップ効果が見られないという人の動きには共通点が見られます。
それは「しゃがむ動作の問題」です。

しゃがむ時に膝を曲げてお尻を落とそうとします。
そういう動きは太ももの前に大きなストレスをかけてしまいます。
そのために膝のお皿の上に痛みが出たり、太ももの前が筋肉痛になってしまいます。
そういうしゃがみ方すると立ち上がる時も力任せに立ち上がろうとするのでやはり太ももの前に大きなストレスをかけてしまいますからヒップアップ効果も見られません。

先日イスから立ち上がる時に膝の痛みを感じるという人のイスへ腰掛けたり立ち上がる動作の修正のためにイスを使ったスクワットを行いました。
いつもやっている動作だとお尻を落としていく場面や立ち上がろうとする場面でお皿の上辺りにグッと力を入れて踏ん張ろうとする動きが見えました。

そこで自分の手で骨盤をサポートして同じようにしゃがんで立ち上がってみるとて適切な動作の手順でスムーズな動きでできるようになり、お皿の上で踏ん張る動きがなくなりました。
それなのに先ほどよりも楽にしゃがんで立ち上がることができました。
もちろん膝の痛みもありません。
何度繰り返しても痛みが出ることはありません。
それどころか何度も繰り返すことでどんどん動きがスムーズになり、最後は手を骨盤に当てなくても痛みなくスクワット動作ができるようになりました。

楽にできるようになったということがまさに力が増幅されたということです。
一般の人にとって必要なのは日常的にやっている動作を楽々、軽々とできるようにすることですから大きな筋肉を作る必要はないということです。
そういった目的ならきつい筋トレよりもスムーズな動きを習得する方が効率的、効果的です。