トレーニング効果をアップするためのトレーニングフォームの話

見た目を良くするため、健康を維持するためなど様々な目的を持って筋トレに励む人が増えています。
自分の体、健康のために体を動かすというのは素晴らしいことだと想います。

ですが、筋肉を付けようとする人はとにかく重いものを持ち上げれば筋肉が大きくなると勘違いして力任せに重りを持ち上げているところをよく見かけます。
時には素人同士で教え合っていて、明らかに無茶な重さでケガをしそうなやり方をさせているようなシーンも目にします。
いくらトレーニング歴が長かったり、大きな筋肉をしているからといってもきちんと指導できるかどうかは別の話です。

トレーニングは効果以前にケガをしないように行うというのが大前提です。
そのためには適切なフォームで行うことが重要です。

フォームというとほとんどの人は「見た目」や「使っている筋肉の意識」といったことを気にしながらやっていますが、骨や関節の動きに意識が向いている人はほとんどいません。

ケガをしないでなおかつトレーニング効果を高めるには『適切な動作』でエクササイズを行うことが大事です。
特に骨、関節をスムーズに動かすことが重要です。

体を動かすのは筋肉の役割ですが、ほとんどの筋肉は骨に付いていて筋肉を縮めることで骨を動かし、関節を動かすことで体が動きます。

体に関節があるということはそこが動くからです。
もともと動くようにできているものを使えばそれなりの重さの物も楽に持ち上げることができます。
つまり、楽に大きな力を発揮できるということです。

スクワットで膝が痛くなるような人はつま先に体重がかかり過ぎていたり、膝ばかり使って股関節や足首との連動が使えていない動きの手順に問題のあるようなやり方でやっています。

足の裏への体重のかけ方や動きの手順といったテクニックをきちんと身につけるだけで大きな力が出るようになりますし、重さばかり闇雲に増やすようなトレーニングのやり方だと始めた当初は重量は伸びますがすぐに重量が伸びなくなってしまいますが、そういった停滞も起こりにくくなります。

筋肉を鍛えようと思うなら骨を動かすことにフォーカスすることが大切です。
骨が動くということは筋肉が働いているということです。