「イタ気持ち良いくらいのストレッチで筋肉を柔らかくすれば腰痛が治る」は本当か?

腰痛を良くするには筋肉を柔らかくすることは大事なことです。
筋肉を柔らかくする方法として一般的なものは筋肉を伸ばすストレッチングです。
イタ気持ち良いくらいのところまで筋肉を伸ばすのが効果的だと思っている人は多いようですが、それで筋肉が柔らかくなるどころか余計に硬くなってしまいます。
そういうストレッチングをしている人で筋肉が柔らかくなったという人はほとんど見ません。

ストレッチングをしても柔らかくならないのは自分でやるパターンだけではありません。
他人に伸ばしてもらうタイプのストレッチングでも同じようなことがよくあります。

「マッサージを受けにいったらそこで腰のストレッチをされて、痛いけどやっておけば柔らかくなりますからと痛いくらい伸ばされたんです。そうしたら翌日朝起きたら筋肉が余計に硬くなって腰の痛みが酷くなっているんです」という相談を受けました。

痛いのを我慢すれば良くなると勘違いしているとこういうことがよく起きますが、硬くなっている筋肉を無理やり伸ばすとどういうことになるのかはきちんとした知識を持っていればわかることです。
つまり、なるべくしてこのような結果になったということです。

今回は体操やエクササイズであえて硬くなっている筋肉を使って緊張を解していきました。
肩甲骨、骨盤、股関節、膝、足首などいろんな骨や関節を動かしてできるだけ全身の筋肉を使っていきました。
一通り終わったところで体の状態を伺ってみると少し辛さもなくなって、体も最初よりは動かしやすくなったようでした。

さらに筋肉を元気にするためにトレーニングを行っていきました。
スクワットなどの全身的なエクササイズを中心にそれなりの重さのダンベルを使って体を動かしていきましたが、血流も良くなって筋肉がさらに良い状態になり、動かすと感じていた腰の痛みはかなり軽くなったようでした。

痛いのを我慢して筋肉を伸ばしても良いことは1つもありません。
筋肉を柔らかくするために必要なのはリラックスです。
痛いと感じている時点でそのストレッチングは筋肉を硬くしてしまっています。

広告