ゴルフトレーニング

そもそも膝を内側に絞りながら腰を回すようなスイングはできない

ゴルフをしている方から「スイングを鋭くするために腰を早く回すのがいいと思うけど、膝を絞る動きがやりたいが上手くいかない。足腰が弱いからだと思うので、鍛える良いトレーニングを教えて欲しい」という相談を受けました。

たしかに、スイングのパワーが高い人は腰の回転は鋭いですし、スローで動きを見てみると膝を絞るようにして腰の回転が始まります。
しかし、膝関節は捻る動きはできません。
一生懸命膝を絞る動きをやってもできないのは仕方ないことです。

ゴルフのスイング動作をやってみていただくと問題点がすぐにわかりました。
その原因は、『構えた時のつま先の向き』でした。

つま先が外に開いてしまっているためにバックスイングをした時に軸足にきちんと体重が乗らず、膝が割れるような形になっていました。

つま先の向きを直して改めてスイング動作をやってみてもらうと、今度は軸足の股関節にしっかり乗れて力が溜まっているような感覚があったようです。
そこから打ちにいくと腰がスムーズに回転して素早く振れた実感があったようです。

さらに捻る動作をやりやすくするために簡単な体操で全身の筋肉を緩めてみました。

そうして再びスイング動作をしてみると、スムーズな体重移動が生まれ、さらに腰が素早く回転して、楽に振っているのにスイング動作も素早くなりました。

筋トレは一切行なっていないのにつま先の向きと体を柔らかくするだけでスイング動作がやりやすくなったことに驚かれていましたが、ゴルフのスイングのパワーに必要なのは『スピード』ですから、いかに素早い動作が行えるかがポイントです。

そうなれば柔軟性がカギを握ってきますし、スイング動作で全身がスムーズに使えているかをチェックするのは当たり前のことです。

一般の方であれば筋トレなんてしなくてもこの辺りをしっかりチェックしていけば、簡単に良いパフォーマンスを発揮できるようになります。

広告