体が柔らかくなるだけでドライバーの飛距離が伸びる

ゴルフのパフォーマンスを上げるための筋トレを教えて欲しいという相談がよくきますが、その人の体の状態を見ると筋力よりも柔軟性の方に伸びシロがある人が多いです。

また、お腹のたるみを取るためのトレーニングを教えて欲しいという相談もよくきます。
そういった人の姿勢を見ると猫背だったり、ゆがみや捻れがあってバランス良く立てていません。
そんな人は腹筋を一生懸命鍛えるよりも崩れている姿勢を直す方がウエストが引き締まって見えるようになります。

ゴルフをしているクライアントさんが先日のトレーニングの際に、「トレーニングを始めて体が柔らかくなったらドライバーの飛距離も出てきたし、知り合いからウエスト周りが細くなったねと言われました。」と喜んでいました。

以前は全身の筋肉が緊張して硬くなっていましたし、姿勢は猫背で捻じれもあるような状態でしたのでトレーニングでは筋肉を柔らかくしてしなやかに体を動かせるように体操を行ったり、姿勢やバランスを整える目的でスクワットなど全身的なエクササイズをいくつかやっている程度です。

自己流でやっている人の方がもっと長時間、たくさんの種目のトレーニングをやっています。
それでも結果はしっかり出ています。

筋肉が強いからゴルフのパフォーマンスが良くなったり、代謝が良くなって脂肪が減ってたるみが取れるとは限りません。

筋肉の状態、姿勢や体のバランスによっては筋肉を鍛えるよりも柔軟性をアップする、バランスを整えるようなトレーニングの方が結果は簡単に出ることもあります。

こんなにやっているのに全然変わらないという人は変わらない原因を早く見つけてやる事を変えないといつまで経っても結果は変わらないでしょう。