アスリートと一般人の一番大きな違いは筋肉の大きさではなく柔らかさ

先日女子ゴルフの模様をテレビで見ていました。
ゴルフをするクライアントさんもいるのでトップレベルの選手との違いがよくわかります。
「背筋が強い」、「お尻が大きい」といった見た目の違いがわかる人は多いですが、圧倒的に違うのはやはり『柔軟性』です。

よく「コマのようにその場で回転して打つ」ということを言われます。
確かにプロのスイングを見ているとその場で回転して打っているように見えます。
しかし、それは柔軟性が高いからです。
柔軟性があるから大きく体を捻じることができます。
そこから十分にヘッドを加速させることができるので女子でもドライバーの飛距離が出ます。
クライアントさんにもコーチからそのように指導されることもありますが、一般の愛好家にはほぼ無理です。
あそこまでの柔軟性を持っている人はなかなかいません。

ゴルフに限らず様々な競技のトップアスリートは弾力のある柔らかい筋肉をしています。
例えば陸上、特にスプリントのようなスピードが重要な要素を占める競技では動作スピードを高めるには力を入れるのではなく、リラックスしてやることが大切だということをアスリート自身が言っています。
緊張で硬くなっている筋肉は縮んで戻る動きは小さくスムーズにいかないため大きな力が出せません。

ですが、トレーニングをすることによって柔軟性を高めることは可能です。
筋肉は使い方、トレーニングの仕方を工夫することでただ大きくするだけでなく、柔らかくすることもできます。
柔軟性というとストレッチングがすぐに思い浮かびますが、筋肉を伸ばしても動きの柔らかさには関係ありません。
動きの柔軟性を高めるには適切な体の使い方でスムーズに体を動かすことです。
それに筋力、筋量アップに関係する“速筋線維”に適度な刺激を与えれば筋力を高めることができます。

スイング動作に関係する動きの柔軟性を高めたければ振る動きのトレーニングをすることです。
やり方を工夫すればその動作に必要な柔軟性を高めることもできますし、専門的な筋力を高めることもできます。