「膝が痛くて病院へ行ったら軟骨が磨り減ってると言われました。痛みはもう治らないのでしょうか?」

クライアントさんが膝の痛みについて相談してきました。
膝の痛みを感じて病院へ行ったら「軟骨が磨り減っているので膝の関節を保護するために内ももをしっかり鍛えなさい。」と言われたそうです。

姿勢をチェックしてみると体が捻じれていて脚も真っ直ぐに伸ばすことができていませんでした。
太ももの筋肉を触ってみても太ももの前と外側の筋肉がパンパンに張っていました。
それ以外にも背中、腰の筋肉も硬くなっていました。

これだけ全身が捻じれていて、筋肉がパンパンに張っているということは立った姿勢が良いはずもありませんし、スムーズに歩けるはずもありませんから太ももの筋肉に大きなストレスがかかったのでしょう。

トレーニングでは、肩甲骨を動かして首筋や背中、骨盤調整で腰やお尻、脚を揺らして太ももの筋肉を緩め、硬くなっている筋肉を柔らかくしていきました。

そこから姿勢・身体のバランスをさらに良くしていくために全身を使ったトレーニングを行いきました。
スクワットも行いましたが、太ももが床と平行になるくらいまでしゃがんでも膝の痛みを感じることもありませんでした。
良いバランスで動いていくことで脚を真っ直ぐに伸ばして立てるようになりました。

トレーニング後は、「軟骨が磨り減っていると言われてショックだったが、トレーニングをしてみて痛みを感じることもなかったので不安もなくなりました。」と安心した様子でした。

悪い姿勢、捻じれた身体で膝の関節がスムーズに噛み合わない状態で歩いたり、階段を昇り降りするから軟骨が磨り減ってしまいます。
ですが、磨り減ったからといって諦める必要もありません。
身体の捻じれ、脚の捻じれを直してきちんと立つ、スムーズに歩けるようにすれば膝の痛みを良くすることはできます。

広告