筋肉痛になるだけが筋トレではない。体が軽くなり気持ち良い筋トレもある

姿勢を良くする、肩こりや腰痛を良くするには弱い筋肉を鍛えるためにきつい筋トレをしないといけないと勘違いしている人が多いです。
そんなきついことをするからトレーニングが続かないし、効果が出ることもありません。

クライアントさんの目的は腰痛改善、膝痛改善、姿勢改善など様々です。
ほとんどが1年以上トレーニングを継続して下さっています。

クライアントさんの目的はいろいろですが『楽に良い姿勢でいられる身体のバランスを作る』ということがトレーニングの基本ですから、やる内容はほとんど一緒です。
目的によって負荷や回数などが微妙に変わる程度です。

楽に良い姿勢、身体のバランスを維持するのに大きな筋肉、強い筋力はいりませんから、筋肉を太くしたり筋力をアップさせるようなきついトレーニングはほとんどやりません。
先日もクライアントさんが「私はトレーニングをずっと受けていて辛いなんて思ったことはありませんよ。トレーニングをしても筋肉痛も出ないし、やった後は身体も軽くなって調子も良いし。」と仰っていました。

最初は身体も筋肉も硬く、トレーニングをしているのに姿勢や身体のたるみがとれなかったのがパーソナルを初めてから姿勢も良くなり、身体も引き締まって昔買ったお気に入りの服や細身の服も着られるようになっています。

ハードなトレーニングはなし、食べ過ぎだけは禁物ですが極端な食事制限もなし。
筋肉を柔らかくして身体のバランスを整えるだけで順調に身体は変わっていってしまうんです。

辛いことを頑張るのが好きな人はきついことをやれば良いと思いますが、効果を出すためにはそんなに頑張らなくても良いんですよね・・・
いかに効率良くやるか、これに尽きます。