「レントゲンを撮っても膝に問題がないのに膝が痛いんです。」という相談

腰痛や膝痛で相談に来る人には骨などの組織の問題が原因で痛みが起こっているとトレーニングでは治すことができないので骨や関節に問題ないことをはっきりさせるために病院で診察を受けてきていただいています。
特に問題がなければトレーニングをすれば良くなってしまいます。

クライアントさんが膝の痛みを訴えてきました。
痛くて何もできなかったために病院で診察を受けてみましたが骨や関節に問題はありませんでした。

太ももの筋肉を触ってみると痛みの出ている方は太ももの前が硬くなってしまっていました。
姿勢も猫背気味で身体が捻じれていて、脚を伸ばしてみても膝のお皿がきちんと正面を向いていませんでした。

そこで全身の硬くなっている筋肉を緩めるために肩や胸、背中や腰などをさすったり揺すったり呼吸で筋肉を柔らかくして体幹の捻じれを直しました。

下半身は足首を回してみると痛みが出ている方は動きがスムーズにできなかったり、ゴリゴリと骨がぶつかるような音がしましたが、スムーズに動くようになるまで続けていると音も鳴らなくなりました。
また、股関節の動きをチェックしてみても問題がなかったので股関節、膝をスムーズに動かして脚の捻じれを直していきました。
そうすると膝のお皿も正面にきちんと向いて脚を真っ直ぐに伸ばして立てるようになりました。

来る前は膝が痛くて歩くのも辛かったそうですが、トレーニング後に歩いてみると痛みを感じることがなくなりました。
ご本人も「嘘みたい」と驚かれていましたが、骨や関節に問題がないのに膝が痛くなるのは良い姿勢できちんと立てていない、歩けていないために姿勢や身体のバランスが崩れてしまっているからです。

ですから崩れた姿勢や身体のバランスを整えれば膝の痛みが治まるのも自然なことなんです。

広告