姿勢を良くするのに辛いトレーニングなんて必要ない

猫背や反り腰といった不良姿勢で悩む人のほとんどが筋力が弱いから、筋量が減っているからと勘違いしています。

「どこの筋肉を鍛えたら良い?」、「どんな筋トレをしたら良い?」と尋ねてきますがその姿勢を見ると身体のあちこちが捻じれて筋肉が硬くなっています。
ただ立っているだけでそれだけ筋肉を緊張させていれば長時間立っていることや歩くことが辛いに決まっています。
そんな状態で重いものを持ってトレーニングして姿勢や身体のバランスが整うはずがありません。

猫背を直したいという相談が来ました。
ご本人の話によると、年々猫背がひどくなってきていて、歩いても真っ直ぐに進むことができず左右に蛇行してしまうので、筋力や筋肉が衰えているから姿勢がどんどん悪くなって真っ直ぐ歩くこともできなくなってしまったのだと思って筋トレを頑張っていたのに成果が全く見られないので、やり方が間違っているのではないかということで相談に来られたそうです。

これは筋トレのやり方の問題ではなく、そもそもトレーニングが姿勢を良くするという目的に合っていないという根本的な部分を間違いです。
全身を見ても筋肉が硬くなっていて、全身のあちこちが捻じれています。
実際にやっていた筋トレのマシンのフォームを見ても腕や肩ばかりに力が入ってしまっていて肩甲骨が上手く動かせていませんでした。

そこでイスに座った体操を試してみました。
まずは呼吸に合わせて腕を内や外に回転させて胸の筋肉の緊張を解し、胸の筋肉の動きが良くなったら肩甲骨を背中の真ん中で合わせるように変えてみました。
力を入れず、リラックスして何度も繰り返しているうちに背中の筋肉の硬さもなくなって肩甲骨がスムーズに動かせるようになりました。

最後に肩甲骨をくっつける時にイスの背もたれにもたれかかって身体を反らせて丸くなった背骨を伸ばしてみました。
体操をやった後にイスから立ち上がってみると丸かった背中が伸びてシャキッと立てるようになり、歩いてみると左右に蛇行が小さくなりました。

今度は歩行のバランスを整えるために足踏みを試してみました。
着地の時の左右の足音の大きさが違っていたので足裏全体で地面を踏むようにして音の大きさを揃えていき、改めて歩いてみると真っ直ぐに歩けるようになりました。

姿勢を良くするためにはハードに筋肉を鍛えないといけないと思っていたそうですが、数分の体操だけで姿勢が良くなり、足踏みをするだけで歩行のバランスが良くなったので驚かれていましたが、身体も軽くなったことで表情も明るくなりました。

ハードに鍛えることだけがトレーニングではありませんし、筋肉を鍛えないと姿勢が良くならないというわけでもありません。
普段何気なくやっている動作を少し見直して自然な動き、身体の使い方にしてみるだけで簡単に姿勢を変えることはできるんです。

広告