○○を刺激するだけで筋肉が簡単に柔らかくなる

硬くなった筋肉は柔らかくする必要があります。
肩こりや腰痛、膝痛に悩んでいる人の多くが筋肉が硬くなっていて、硬くなっている筋肉を柔らかくすると痛みが良くなります。
肩こりや腰痛などの不調は筋肉の緊張が原因で起こると言えます。

筋肉を柔らかくする方法というと一般的にはストレッチングですが、実はストレッチングはテクニックが必要なのでなかなか筋肉が柔らかくなりません。
なので「ストレッチングはやっても意味がない」と思っている人もいます。
ですが、ストレッチングはきちんとやれば簡単に柔らかくすることができます。

ストレッチングというとほとんどの人が『筋肉』を伸ばそうとしますが、筋肉のは両端にある『腱』で骨に着いています。
ストレッチングには筋肉だけでなく、その腱を刺激するという方法もあります。

クライアントさんが太ももの裏側が硬くなっていて歩いたり階段の昇り降りがやり辛いと訴えて来ました。
太ももの裏側が硬くなっていると脚を真っ直ぐに伸びていませんでしたので太ももの裏側の筋肉をストレッチングで緩めていきました。

簡単な道具を使ってお尻の付け根と膝の裏側の腱を刺激すると短時間で硬くなっていた太ももの裏側が柔らかくなってフニャフニャの柔らかい筋肉になりました。
硬い人の筋肉を伸ばすと普通は痛みが起こりますかわ、このストレッチングをやっている最中は全く痛みもありません。
伸ばされていることもわかりません。
しかし、筋肉を緩めてみた後に改めて前屈をしてみると先ほどよりも楽にできるようになり驚いていました。

ストレッチングはやっても筋肉が緩まない、意味がないと思っている人も多いですが、『やり方』を真似るだけでは緩みません。
ストレッチングはきちんとやれば筋肉は緩みます。
しかし、ストレッチングの1番大切な部分は本やネットにはほとんど書かれていません。
その書かれていない部分が1番重要なんですよ。