バタフライをすると腰が痛くなる。原因は?改善するには?

バタフライを泳ぐと腰が痛くなるという相談を受けました。
バタフライは腰に悪そうなイメージを持っている方も多いですが、そうではありません。

アスリートのように泳ぐ量が多いといった要因があれば別ですが、一般の方がフィットネスクラブで泳ぐくらいであればバタフライをするから腰が痛くなるのではなく、痛くなるような泳ぎ方をしている、体の使い方をするから痛みが起こると考えた方が良いと思います。
クロールを泳いでも、背泳ぎを泳いでも、平泳ぎを泳いでも痛くなるようにやれば腰は痛くなります。

バタフライを泳いでいて腰が痛くなってしまう理由として考えられるのが、体を大きくうねらせてキックを強く打って進もうという意識が強いということです。
上手く泳げない人ほど腰を大きく振ってキックを強く打とうとして蹴り終わった後にお尻が水上に出てきて、頭が沈んだようになってしまいます。
そうすると、次に手を掻いて、さらに息継ぎも入れようとすると頭を持ち上げないといけなくなるので腰を反らせたような形になってしまいます。
それだけお尻の上下動が大きければ腰への負担も大きくなってしまいます。

水泳の指導もしていましたが、そういう場合はキックのイメージを変えてあげると腰が痛くなることもありませんし、前方へもよく進むようになります。
キックをするから手で水をしっかり掻くから前に進むと考える人も多いですが、体が前に進んでいくから前方への移動が起こるのです。

キックの一生懸命打ってしまうという人はプールの中で立った状態から水中に潜り自然に浮いてきて立つという練習をするのがお勧めです。
頭から潜って浮いてくるところで自然とキックが入ります。
そうするとリラックスして打つ感覚が掴めてくるはずです。

腕も水を後ろにしっかり搔こうとするのではなく、回すように動かし、水上では腕はリラックスさせると腕の動きも良くなりますし息継ぎもやりやすくなるはずです。
そういった泳ぎ方をすればよほどたくさん泳がない限りは腰の痛みが起こることはないはずです。