整体やマッサージに行っても腰痛が治らない理由

「整体やマッサージに行っても筋肉が硬いと言われて腰の張りが全然良くならないが、どうすれば良いですか?」という相談がよく来ますが、揉んだり押したりすればとりあえず代謝物や老廃物は流せますが、血液やリンパといった体液の循環、酸素の取り込み、緊張感のバランスといった根本が何も改善していないのですぐに硬くなってしまいます。

そういった人に対してはあえて筋肉を使う、つまり運動をしてもらいますが、硬くなっている筋肉を使い収縮-膨張を繰り返すことで筋肉が自然な長さまで戻ったり血液やリンパの循環が改善したり、呼吸に合わせて動作することで酸素の取り込みが良くなって筋肉が膨らむことで緊張が解れ、弾力のある柔らかい筋肉に戻ります。

首や肩甲骨、骨盤、股関節、膝、足首などいろんな骨や関節がスムーズに動かせるようになると姿勢や身体のバランスも整い、立ち上がったり歩いてみても楽に身体を動かすことができます。

身体の根本から戻していくのでトレーニング後から数日間良い状態が続きます。
軽い身体で動き続けることで血液やリンパの循環も良い状態を維持できますし、関節を動かすことで筋肉も収縮-膨張を繰り返すので膨らみや弾力も維持できます。

身体を動かすことが柔らかい筋肉、良い姿勢、身体のバランスを維持するためのトレーニングになりますし、定期的にトレーニングを行って姿勢や身体のバランスの崩れを修正することで楽々維持できます。