水中ウォーキングをしているのに腰痛が良くならない。改善するにはどうすればいい?

今回は腰痛の相談。
腰が痛くなって病院へ行ったが骨などには異常はなく、医師からプールで歩くようにと言われてやっているが痛みがなかなか改善しないとのこと。

水中では浮力の影響で体重が軽くなるので腰への負担が少ないので腰が痛い人運動する時にまず勧められるのが水中ウォーキングですが、腰痛改善に効果があるとは限りません

骨などに異常がないのに腰に痛みが起きる原因は身体のバランスが崩れてしまっていることです。
今回も姿勢を見てみると体幹が捻じれていて左右の肩・腰の高さが違う、背中が丸くなっていて腰が反って体幹が傾いているなど姿勢の崩れがいました。
痛みを感じるのは捻じれが起きているでした

身体のバランス崩れが原因の痛みを改善するには、筋肉をつけることではなく崩れてしまった身体のバランスを整えることです。
身体のバランスというのは筋肉の緊張度のバランスです。
身体の前面と後面筋肉緊張度を50:50にすることがバランスを取ることです。

頭の位置、向きを直して首の捻じれを戻し、肩甲帯(鎖骨、肩甲骨、上腕骨)のバランスを整えて腕がリラックスすると体幹の捻じれや傾きも直り腰の部分の捻じれも解消され腰の痛みが気にならなくなりました。

二本脚でバランス良く立つ感覚を掴むためにしゃがむ-立つ動作や歩き方も修正してスムーズにできるようになると立ち姿勢も良くなりました。

姿勢の崩れはバランスの崩れです。
支える力が弱くなったからではありません。
バランスを戻すために難しいことや特別なことをする必要はありません。

広告