感想「さっきまで膝が痛かったのにもう痛くない。魔法でもかけたんですか?」

膝の痛みはわざわざきつい筋トレをしなくても筋肉を緩めて脚を真っ直ぐに伸ばせるようにしたら痛みは良くなってしまいます。

クライアントさんが歩くと膝が痛くなると訴えてきましたので脚の状態をチェックしてみると身体は捻じれていて痛みの出ている方の太ももは前側の筋肉が硬くなって、膝も曲がってしまっていました。

まずは上半身の筋肉を緩めて身体の捻じれを改善し、次に足首の捻じれ、股関節の捻じれを改善してから膝の関節をきちんと噛み合うようにしていきました。
膝は太ももの筋肉が硬くなると痛みが出てしまうので、筋肉が硬くならない範囲で小さな曲げ伸ばしを繰り返し、動かしても痛くない、リラックスして筋肉が柔らかくなれば脚が伸ばしやすくなるということを脳や身体に理解させていきました。

何度も繰り返していると筋肉の硬さもなくなり膝の曲げ伸ばしも最初よりも大きくできるようになりましたし、痛みを感じることはありませんでした。
動きがスムーズになればなるほど脚は真っ直ぐになっていきました。

全身を整えて立ち上がってみるとさっきまで痛かった膝の痛みを感じることもなくなりました。
歩いてみても膝は全然痛みが出ませんでした。
「なんで?どうして?魔法にかかったみたいに嘘みたいに膝の痛みがなくなった」と驚かれていました。
その後効果を伺ってみると数日は痛みもなく過ごせたようです。

立ち方、歩き方の癖が完全に修正されたわけではないですから最初はこんなものでしょうが、トレーニングを継続していけば持続効果も徐々に伸びていくでしょう。

膝が痛いのは痛くなるように何かをしている、太ももの筋肉を使い過ぎているというのがほとんどです。
だから筋トレなんてしなくても筋肉を緩めて身体のバランスを整えてしまえば効果はすぐに出てしまうんです。