きつい筋トレをした方が引き締め効果がある?

気になる部分を引き締める方法として真っ先に思い浮かぶのは筋トレでしょう。
そしてトレーニングというときつい、辛いことをやらなければ効果がない、辛いトレーニングは効果が出ると思ってしまいがちですが必ずしもそうではありません。

筋肉を増やして基礎代謝を上げて脂肪を落として引き締めていくというのはあくまでも『1つの方法』に過ぎません。
体脂肪が全身的に多いという場合、お腹や太もも、二の腕など気になる部分があっても全体的に引き締めていくと結果的に気になる部分が引き締まっていきますので全身的な筋トレは効果な方法だと思いますが、辛いことをしないといけないとは限りません。

体脂肪を減らすために全身的な筋トレを行っているクライアントさんもいますが、「やっている最中はしっかり力を出すのでやりきった感じはするのに、終わると身体が軽いんですよね」と毎回仰います。
シェイプアップでも基本は『良い姿勢作り』を意識してトレーニングを行います。
そういったトレーニングをすると筋肉は柔らかくなり、姿勢、身体のバランスが整います。
だから終わった後に身体の軽さを感じます。

しかし、太く見えてしまう理由は他にもあります。
全身がそれなりに細いのに太ももやふくらはぎだけが太く見えて気になるというクライアントさんもいます。
特に女性に多いのはむくみです。
むくみはリンパの循環が滞ることで起こります。
筋トレのように負荷をかけて筋肉を緊張させてもリンパの循環が良くなることはほとんどありません。

そういったケースでは筋トレよりも身体調整で弾力のある筋肉に戻し、血液やリンパといった体液の循環が良くなるようにしてみるとそれだけで細く引き締まってしまいます。

ボディビルのようなトレーニングで引き締めていくというのも1つの方法ですから、それでしっかり身体作りをするのも良いと思います。
しかし、必ずしも翌日に激しい筋肉痛に悩まされるようなきつい、辛いトレーニングだけがあなたの理想のカラダを作るための最適な方法とは限りません。

自分の目的と現在の身体の状態から最適な方法でトレーニングすることが1番大切なことです。

広告