「階段を昇ると膝が痛いんです。」という相談

「階段を昇る時に膝が痛くなるんですが、太ももの筋肉が弱いからでしょうか?」という相談が来ました。

階段を昇ると膝が痛くなるということは階段の昇り方に問題があるために膝に負担をかけてしまっています。

膝が痛いという人ほど手すりを使わなければ昇ることができません。
膝が痛くなる人の昇り方は上の段につま先までしか載せないで踏ん張って身体を持ち上げようとします。
その時に膝が大きな負担がかかって痛くなってしまうんです。

そこで昇り方を変えてみました。
まずは上の段に足の裏全部をきちんと乗せて、太ももではなく、お尻を使って上がるようにしてみました。
そうすると膝の痛みを気にしないで階段を昇ることができるようになりました。

普通は太ももを鍛えるところですが、そんなやり方ではいつまで経っても階段を楽々昇れるようにはなりません。
力を使って昇るのではなく、楽々昇るにはどうしたら良いかという発想をしてみると短時間で筋肉なんて鍛えなくても痛みを改善することはできるんです。

広告