感想「足首の動きが良くなると膝の痛みが軽くなりました」

膝の痛みを改善するためには筋肉を強化するトレーニングよりも脚の捻じれを改善して筋肉のバランスを整えるようなトレーニングをすることが必要です。

膝の痛みというと普通は膝周辺、太ももを中心にトレーニングしますが、脚には膝だけでなく股関節や足首といった関節もあります。
膝の問題を改善するためには膝以外の関節に問題がないかをチェックすることも大切です。

その1つ『足首』を見てもきちんと動かせている人は少ないです。
足首はそれほど大きく動かせないですが曲げたり伸ばしたり回したりいろいろな動きができます。
しかし、普段の立ち方、歩き方などの癖により姿勢や筋肉の緊張のバランスが崩れによってそういった動きがやり辛くなってきます。

足首の硬さで悩んでいる人も多いですが、関節の硬さよりも筋肉が硬くなっていたり関節の正しい動きができないことが原因です。

筋肉の余計な力みが出ないところで曲げ伸ばしをしたり回してみると筋肉の硬さや捻じれが改善して柔らかく動かせるようになることもあります。
足首の動きが良くなって脚の捻れが改善すると痛みが軽減し、さらに膝の関節の動きを良くすると痛みがなくなったというケースもありました。

足首を正しく動かして捻れのない真っ直ぐな脚を作っていくことも大切なトレーニングです。