「変形性膝関節症は太ももの筋肉を鍛えると良くなる」は本当か?

変形性膝関節症でも手術するまでのことはない状態だと医者から「太ももの筋肉が弱っているから筋肉を鍛えなさい」と言われます。
しかし、太ももの筋肉を鍛えたところで膝の痛みは改善しません。

理由は簡単です。
変形性膝関節症の痛みは筋力低下が原因で起こったのではなく、『筋肉の使い過ぎ』が原因だからです。

変形性膝関節症と医者から言われた方のトレーニングを見ています。
以前は痛みのある方の太ももの前の筋肉が硬くなってしまっていて脚が曲がっていましたが、最近は膝の痛みもすっかり良くなりました。
バーベルを担いでスクワットをしても膝が痛くなることはありません。
それどころかスクワットをするとヒップアップして脚が真っ直ぐになるので立った姿勢、歩き方も良くなっています。

トレーニングで骨の変形は直すことができませんから、レントゲンを撮ってみても骨の状態は変わっていないでしょう。
しかし、姿勢を直したり、太ももの筋肉のバランスを整えて脚をできるだけ真っ直ぐに近い状態にすることで痛みを感じることなく日常生活を過ごせるようになります。

痛みを良くするのに太ももを強化するようなハードな筋トレはいりません。
柔らかい身体、柔らかい筋肉にするようなトレーニングをすれば効率良く痛みは良くなります。

医者から筋肉を鍛えるように言われた、太ももの筋肉を鍛えているのに膝の痛みが良くならないという人は早くトレーニングを受けに来てください。
そのままにしておくと膝の状態がどんどん悪くなって手術して人工関節にしなければならなくなってしまいますよ・・・

広告