太ももやふくらはぎが疲れないようにするにはどんな歩き方をしたらいいのか?

このブログでは楽に歩くために脚を一生懸命動かさない、体が前に勝手に進んでいく、脚が自然についてくるように歩くことが大切だと書いていますが、ブログを読んだ方から「書かれてある歩き方を意識してやってみても上手くできず太ももやふくらはぎが疲れてしまいます」という相談がよく来ます。

できない理由は、“やろうとしている”からです。
「○○をしよう」と意識することは筋肉を緊張させてしまいます。
体が勝手に進み、脚も勝手についてくるというのは意識してやるものではなく、“重心が前に進んでいく”と自然にそうなるというものです。

楽に体が前に進められる「重心の位置」を見つけることが重要です。
自分なりのポイントを前に進めていけば体はどんどん進んでいきますし、脚は勝手についてきます。
動いている方が楽で止まる方が大変だということも実感できます。

楽々歩くためには歩き方だけでなく立ち姿勢も大事です。
骨で立つ自然な良い姿勢では余計な筋力を使いませんから歩くのもやはりスムーズです。
全身の筋肉を緩めて姿勢を整えると自然にスムーズな歩き方しかできなくなります。

スムーズな歩き方に必要なのはリラックスです。
何かを意識することではありません。