肩が硬くて手が後ろに回せない。どうすれば柔らかくなる?

背中の筋肉が硬くなると肩甲骨の動きが悪くなると手を後ろに回すのも大変です。
女性のクライアントさんでワンピースを着たいけれど背中のファスナーが上げられないから着られないと相談されました。

背中に手を回すという動きは腕を後ろに引いて捻る動きです。その動きに関係する筋肉が硬くなっているためファスナーを上げる動きがうまくできないのです。

そうするとやるべきことは硬くなっている筋肉の緊張を取って柔らかくすることです。しかし、肩の筋肉をストレッチングで伸ばしても動きが良くなることはありません。

そういった人に効果的なストレッチングは仰向けに寝たり、イスに座った状態で背中に手を回してしばらくそのままの状態をキープするというものです。硬い人は最初は手の位置を腰辺りからスタートして徐々に背中の方へ上げていくことです。できれば片方ずつ行い、反対の手で伸ばしている方の肩が上がらないように軽く押さえて行うとより効果的に筋肉が伸ばせます。

1つにつき90秒から2分、お風呂上がりのように体や筋肉が温まっている状態でやるとストレッチングも効果的に行えます。悩んでいる人は是非試してみて下さい。