筋トレをしてもO脚は直らない

O脚というと内転筋が弱いから内転筋を鍛えるというのが一般的ですが、ほとんどの人はそれで改善できていません。
筋肉を鍛えなくてもO脚は簡単に改善できます。

先日もO脚の方から改善方法について相談を受けましたが、筋肉を鍛えなくても短時間で直りました。
脚を見てみると膝のお皿が正面を向いていませんでした。
太ももの筋肉を触ってみても内側はたるんでしまっていて、前と外側は緊張して硬くなっていました。
つまり、筋肉の緊張のバランスが崩れて脚が捻れてしまったからO脚になってしまったということです。

ですから足首をきちんと動かしてスムーズに動くようにして、太ももの前と外側の筋肉の緊張を緩めて膝関節がきちんと噛み合うようにするとたるんでいた内側の筋肉の弾力が戻り、硬くなっていた前と外側は柔らかくなりました。

そして股関節の捻れを改善して、最後に股関節と膝と足首が連動して動くようにすると脚の捻れもなくなり、脚が真っ直ぐ伸びるようになりました。
しゃがみにくさがあった股割りもスッとしゃがめるようになり下半身の柔軟性も改善が見られました。
脚が真っ直ぐになることで姿勢も良くなり、立ち姿勢も綺麗になりました。
10分もかからず改善できました。

筋肉を鍛えると負荷をかけて辛い運動を何回×何セットもやらないといけないので時間がかかります。
その上、変化はほとんどないのでこれほど無駄なことはありません。
筋力強化で解決しようとする前に、姿勢や身体のバランスが崩れていないかをチェックしてみることが重要です。