ウエイトトレーニングはきつくないと効果が出ないのか?

体脂肪を減らしたい、気になる部分を引き締めるたいというケースでウエイトトレーニングは効果的な方法ですが、ウェイトトレーニングというと“きつい”というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
きついことはしたくないけど体脂肪を減らしたい、気になる部分を引き締めたいということで軽い負荷でやる人がジムでも多く見かけますが、そういったトレーニングで筋肉が増えて基礎代謝が上がることもありませんし、鍛えた部分だけ引き締まるような効果はありません。

だからといってきついことをやれば効果が出るというわけではありません。
きついことをやっても目的に合っていないトレーニングだと全く成果も出ません。
いくらきつい腹筋をやっても体脂肪は全身に繋がって付いていますからお腹が引き締まるようなことはありません。

効果を出すには目的に合ったやり方で「適当」、「良い加減」でトレーニングを行えば良いだけです。
シェイプアップ目的や筋量を増やしたいという方でしっかり力を出し切るようなトレーニングをしてもらってもきつさよりも体の軽さ、気持ち良さ、爽快感といったことを感じます。
翌日に筋肉痛が出ることもほとんどありません。
そういったトレーニングをするとトレーニングでも筋量も増えて基礎代謝も増えます。
余分な体脂肪が減るので極端な食事制限をしなくても体のたるみは引き締まりスタイルアップしていきます。

効果を出すためにはトレーニングをきちんとやることはもちろんですが、身体を整えて動かしやすい状態にしてからトレーニングすることも重要です。
筋肉が硬くなっていたり、緊張のバランスが崩れた捻じれた体でトレーニングするのと全身の筋肉が弾力のある柔らかい状態、関節もスムーズに動く状態でトレーニングするのとどちらが重いものを持っても動かしやすいかは誰でもわかることだと思います。

楽しても良い結果は出せるということです。