ゴルフのスイングの構えだけで腰が辛くなる原因は?

良いスイングをするためには良い姿勢で構えることは大切です。
構えの姿勢を良くするために体幹の筋肉を鍛えて強くしようとする人がいますが、体幹を鍛えたからといって構えが良くなるとは限りません。

「腰が痛くて構える時に身体を前に倒すのが辛いんです。」という相談を受けました。
しかし、筋肉の緊張のバランスを整えてきちんと立てるようにして、リラックスして構えるようにしていただくと腰の辛さもなくなっただけでなく、ショットが安定するようになりました。

全身の筋肉がガチガチに硬くなっていて、体幹が捻じれていたり骨盤がゆがんでいたり、姿勢も悪くなってしまっていました。
こんな状態ではきちんと構えの姿勢をとることができないのも仕方ないことです。

トレーニングで肩甲骨、骨盤、股関節、膝、足首などを動かして硬くなった筋肉を緩め、関節もスムーズに動かせるようにして捻じれやゆがみも直して姿勢を改善していきました。

さらに身体のバランスを整え、良い姿勢を保持するために必要な体幹の筋肉を刺激するためにスクワットなどを行いました。
そうすると腰の筋肉の硬さもなくなり、構えの動作も楽にできるようになりました。

さらに構えの姿勢をとるときに『足首、膝、股関節を緩めて体重支持ポイント(踵の少し前辺り)に乗る』ということをアドバイスしました。
そうすると楽に安定した構えができるようになりバックスイングがとりやすくなりました。

構えた時に身体のバランスが崩れた状態で筋肉をガチガチにして立ってしまって良いスイングで打てる確率はかなり低くなってしまいます。
スイングは技術、テクニックですが、身体作り、身体の使い方を見直すことも大切なことです。