スクワットで母趾球で踏ん張るから太ももが細くならない

脚の筋肉のバランスを整えるための効果的なエクササイズの1つにスクワットがあります。
脚を細くする、引き締めるために一般的には太ももの前や内ももといった“気になる部分”を使うようにやらせることが多いですが、スクワットをやれば脚が細くなる、たるみが引き締まるわけではありません。
“目的に合わせたやり方で行う”ことが必要です。
スクワットには重りの担ぎ方から足幅、しゃがむ深さによってバック、フロント、クォーターやハーフ、パラレル、フル、ワイド、ナローなど様々なバリエーションがあります。

ですが、ここで言う“やり方”とはバリエーションの話ではなく、「何を意識して行うか」です。
太ももの前や外側の筋肉が付き過ぎていたり、お皿の上にたるみが見られるような人はしゃがんで立ち上がる動作の中で無意識で太ももの前の筋肉を使って動作を行っています。
また、地面に着いている足の裏のつま先や拇指球で踏ん張る傾向があります。
筋肉は使っているように作られます。
太ももの前や外側にストレスをかけるようなやり方でスクワットをしていれば当然太ももの前や外側の筋肉は膨らんできます。
気になる部分を細くしたいのに逆に太くしてしまう可能性があります。

全体のバランスを整えて綺麗な脚を作りたいのであればどこかの筋肉を意識してスクワットをする必要はありません。
もっとシンプルに「しゃがんで立ち上がる」くらいの気持ちでやっても良いんです。

地球上には重力があり、重い物体は重力で下に落ちるようになっています。
筋肉の緊張を緩めれば体は自然に下に沈んでいき、楽にしゃがむことができます。
問題は“しゃがんだ時に足のどこで体重を受けるか”です。

足の指や拇指球で踏ん張ると太ももの前や外側に筋肉の緊張を感じます。
ブレーキ動作、筋肉が伸ばされながら力を出すのは筋肉痛が起こりやすい、大きなストレスをかける動作になります。

そうではなく、左右の足の裏全体で均等に体重を受けるようにしゃがめば太ももの前や外だけに過剰にストレスがかかるようなこともなくなります。

しゃがむ深さは楽にしゃがめる範囲で十分です。
そこから例えば、軽く踵で地面を踏みこんで立ち上がればお尻の筋肉が使われて太ももの筋肉の緊張のバランスが揃うだけでなく、ヒップアップ効果も期待できます。

回数は基本的には無限大です。
筋肉が疲労してくればお尻の筋肉がブルブル震えたり、だるくなるような感覚が出てきます。
それでも太ももの筋肉は意識的に使われることはないはずですから、スクワットをやった後にだるさなどはないはずです。
しかし、終わった後は細く引き締まって見えるなど変化もあるはずです。

太ももを細くしたいなら気になる部分を鍛えるようなやり方ではなく、細くなるようなやり方で適切にスクワットをしてみることです。

広告