重さが軽すぎるとしゃがみにくい、それなりの重さでやった方がしゃがみやすい

スクワットでしゃがみにくいというと足首が硬い、ふくらはぎが硬いとよく言われますが、そういうケースでほとんどの人はストレッチングをしますが、スクワットをしてしゃがむ柔軟性を高めるという人はほとんどいないでしょう。
いくらストレッチングで筋肉を伸ばしても動きの柔軟性、可動域はほとんど改善しません。
しゃがむ柔軟性を改善するにはしゃがむことが一番です。ただし適切にやらないと柔軟性は改善しませんが。

しゃがむ動作が硬い人はスクワットをするにしても自分の体重か軽いものでやるケースがよく見られますが、それなりの重さをかけてスクワットをやってみる方が簡単にしゃがめるようになることもあります。

“軽い方がしゃがみづらく、重いとしゃがまなければならなくなる”ということです。
実際に指導している時にも多くの人は軽過ぎるとしゃがみづらそうでした。
使う重量を増やしてみると重いものを持っていると立っている方が辛いのでみんなスムーズにしゃがみます。
そういう動作を繰り返していくと自然と可動域も広がり、しゃがむための下半身の柔軟性も向上します。

深い沈みこみから立ち上がれば当然筋肉は大きな力を出さなければいけないので筋力、筋量アップ目的のトレーニングにもなります。

筋力がない、身体が硬いというとまずは軽めから・・・という発想になってしまいがちですが、それなりの重さを使った方が簡単に目的を達成する最適なトレーニングになることもあります。