腹筋が1回もできないのは腹筋が弱いから?

腹筋を鍛える代表的なエクササイズは仰向けに寝たところから上体を起こしていくシットアップという運動です。

81f5a97bfa2f6ec39f7e19c0a7358200_s
ところが、上手く起き上がることができないという人は案外多く、「腹筋が弱いからなのか?」という相談を受けます。

ほとんどの人が腹筋が弱いからだと思ってしまっているようですがそうではありません。
上体を起こしていくにはまず頭を床から持ち上げないといけません。
そのために働くのは首の筋肉です。

つまり、体が起こせない、シットアップが1回もできないという人は「首の筋肉が弱いから」です。
重い頭を持ち上げる運動を繰り返して持ち上げられるだけの筋力がついてはじめて上体を起こせるようになります。
これは頭を上げる運動を繰り返していればそれに必要な筋力は養われていきます。

ちなみに、起き上がることができない人にお勧めするはが座った状態から上体を寝かせていく動きをゆっくりやっていくというやり方です。

筋力がないと早く落ちてしまいますのでそれに耐えてゆっくり寝ていくことで筋肉が刺激され、筋力も高まっていきます。
ゆっくり寝ることができるようになった頃には寝た状態から起こすこともできるようになっています。

腹筋ができるようになることが目的であればこういった腹筋運動をすることは別に問題ありませんが、シットアップができたから姿勢が良くなることはありません。
腰痛が良くなったりお腹の体脂肪がなくなっていくようなこともありません。
あくまでこの運動が上手くなるだけです。

腰痛は全体の筋肉の緊張のバランスの崩れで起こることがほとんどですから、鍛えなくても筋肉をゆるめてバランスを整えて姿勢が良くなれば腰にストレスがかかるようなこともなくなり自然と痛みも改善していきます。

体脂肪は基本的に全身に付くものです。
お腹のたるみが気になるとしても全体的に体脂肪を減らしていくことを考えた方が効率的です。
腹筋運動よりもスクワットのような全身的な運動の方がお勧めです。

本当にこの運動をしないといけないのかということもよく考えてみましょう。