肩こり・肩の痛み改善

腕を回すと音が鳴る原因と改善法

「腕を回すとポキポキ音が鳴るんですけど骨が悪いんでしょうか?」という相談がよくきます。
腕を回すとポキポキ音が鳴ってしまうのは、
・関節がきちんと噛み合っていない
・油切れしている
・回し方が悪いた
ということが考えられます。

腕を回そうとするとうまくいきません。
腕の付け根は鎖骨です。その後ろに肩甲骨がぶら下がっています。
肩甲骨の周りの筋肉に緊張があれば肩甲骨がスムーズに動きません。

肩甲骨ができる上げ下げ、寄せる・離す、斜めの動きを緊張の出ない範囲で筋肉のポンプをイメージして楽に、スムーズに、軽く動かし筋肉の緊張を解けば肩甲骨の動きは良くなります。
それで腕を回すために機能する関節の動きが良くなれば音も鳴らなくなるでしょう。

それでも鳴る場合、“腕の回し方”に問題があるかもしれません。
腕を回す時によくやられるのが、“前から後ろに大きく回す”、“後ろから前に大きく回す”というものです。
肩を真横に向けるのが正しいと思っている人が多いですが、自然な状態では肩は前方30°を向いています。
なので腕は前から後ろ、後ろから前ではなく、体の前で内から外、外から内に向かって回すのが関節的には適切なやり方になります。
そうすると肩にひっかかるような感じもなくスムーズに回すことができるようになります。
ポキポキ音が鳴る人は筋肉を緩めて、適切な腕回しをするだけで改善できるでしょう。

広告