腕を回すと肩から音が鳴る。原因は?改善法は?

今回は腕を回すと肩がポキポキ音が鳴るんですけど骨が悪いんでしょうか?という相談。

腕を回すとポキポキ音が鳴ってしまうのは、
・関節がきちんと噛み合っていない
・油切れしている
・回し方が悪いた
ということが考えられます。

腕を回そうとするとうまくいかない。
肩甲骨は鎖骨にぶら下がるように付いています。
肩甲骨の周りの筋肉に緊張があれば肩甲骨がスムーズに動きません。
肩甲骨の動きが悪ければ鎖骨はスムーズに動きません。

肩甲骨ができる上げ下げ、寄せる・離す、斜めの動きを緊張の出ない範囲で楽に、スムーズに、軽く動かし筋肉の緊張がゆるむと肩甲骨の動きは良くなりました。
それで腕を回すために機能する関節の動きが良くなれば音も鳴らなくなりました。

腕の回し方にも問題がありました。
腕を回す時によくあるのが、“前から後ろに大きく回す”、“後ろから前に大きく回す”というもの。
肩を真横に向けるのが正しいと思っている人が多いですが、自然な状態では肩は前方30°を向いています。
なので腕は前から後ろ、後ろから前ではなく、体の前で内から外、外から内に向かって回すのが関節的には適切なやり方となる。
そうすると肩にひっかかるような感じもなくスムーズに回すことができるようになった。
ポキポキ音が鳴る人は筋肉をゆるめて、適切な腕回しをするだけで改善できます。

また、肩甲骨から意識して大きく回すというやり方もよく見られますが、肩甲骨を寄せると肩はロックされてしまいます。
それを無理に動かそうとすると本来の自然な動きから外れてしまい、骨と骨がぶつかって音が鳴ったり、時には組織を挟むようになってしまい肩が痛くなる(インピンジメント症候群)こともあります。
腕を回す時に肩甲骨を意識する必要はありません。
腕の動きで肩甲骨を誘導するくらいのイメージで行い、寄せる動きはやらないようにすればスムーズに回せるようになります。