胸郭出口症候群を改善するにはどうすればいい?

長時間のパソコン作業による肩こり、首こりで悩まれている方からの相談が来ました。
姿勢を見てみると頭は前に出て、肩が内側に巻き込んでいて背中は丸く猫背の姿勢になっていました。

こういった姿勢から起こる肩こり、首こりといった症状では「胸郭出口症候群」(腕神経叢と鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が胸郭出口付近で頚肋、鎖骨、第一肋骨などや前斜角筋、中斜角筋、小胸筋などが圧迫・牽引されることで起きる症状の総称)が考えられます。

肩こり、首こりだけでなく腕にしびれが出るようなこともありました。
腕を動かしてみても鎖骨の動きが悪くなっていて、リンパの流れも悪くなっていてむくんだようになっていて、押さえると痛みが出ました。
肩甲骨の動きが悪くなっているためにバンザイのように腕を綺麗にあげることもできませんし、動かすと引っかかるような感じも起こります。

img_6076
こういった症状が起きるケースでゆるめないといけない筋肉はこの小胸筋です。
この筋肉が緊張すると肩が巻き込むようになり、肩甲骨は外側へ開きます。

こういったケースではまずは鎖骨の動きを改善していきます。
楽に、気持ち良く動かせる範囲で肩を上下して鎖骨、肩甲骨、肋骨といった肩甲帯を動かして体幹の緊張をゆるめていきました。
こういった症状がある方の場合、肩の引っかかるような感じや動かすとゴリゴリ音が鳴るような感じの改善が見られます。
筋肉の緊張がゆるむと内側へ巻き込むような感じだった肩も本来の自然な位置に戻り、しびれる感じもなくなります。

また、こういった症状が出ている方に共通しているのが猫背になっているということです。
ですから、猫背を直すことも問題を解決するには効果的な方法です。
前屈を行って背骨を伸ばすと目線が上がり、姿勢が良くなります。

他にも骨盤や股関節、脚の緊張もゆるめて骨で立つ自然な良い姿勢を取り戻すと立ち姿勢はかなりよくなります。

胸郭出口症候群といっても病院へ行っても骨や関節に問題がない、治療をしても良くならないようなケースは結局は自然な状態から崩れて不自然な状態になってしまっていることが原因です。
そうなると問題を解決するには元の自然体の状態を取り戻していく、筋肉の緊張をゆるめて筋の緊張のバランスが整ったカラダにすれば良いということになります。