どうして筋肉は衰えるのか

アスリートではない一般人に必要な身体について考えてみると、基本は『重力に対して楽に立てる、楽に動ける身体』です。

重力負荷に耐えられないということは立てないということです。
座ることができても立てないのであれば座っている状態では重力に抗する筋力があっても立った状態で重力に打ち勝てるだけの筋力が十分ではない状態ということです。

重力負荷に打ち勝つ筋力がないということは抗重力筋が萎縮していることが考えられます。
抗重力筋の萎縮は速いと言われています。
立って常に重力負荷に抗していることが必要です。

ちなみに筋肉が萎縮する原因には加齢もありますが、筋肉が活動しない・収縮しないということが原因ではなく、『筋肉が力を発揮しない』ことが主な原因なのだそうです。
そうなると姿勢が崩れてしまっていては力を発揮していない筋があると考えることができます。
そういった筋肉はどんどん萎縮してしまいますから徐々に立つことが難しくなる恐れがあります。

萎縮する傾向が強い筋肉としては、頸部の筋肉、僧帽筋下部、広背筋、腹筋群、大臀筋などです。
広背筋、腹筋群、大臀筋などは姿勢作りだけでなく、シェイプアップしたい方も気になる部分ではないでしょうか。

そう考えると姿勢を正して筋がきちんと力を発揮している状態を作るということからアプローチしてみることが姿勢改善にもシェイプアップにも効果的だということです。

そしてエクササイズとしては重力に対してきちんと立って筋が力を発揮している状態で負荷をかければ個別にやるよりも種目数も少なくて済みますので短時間で抗重力筋をバランス良く鍛えることができます。
つまりは立った状態で垂直負荷を利用したエクササイズを行うということです。

トレーニングで大切なことは、いくつのエクササイズを何回、何セットやったのかということよりもきちんとエクササイズを行い、力を発揮したのかということです。
たくさんやれるということは1つ1つのエクササイズが楽に終わってしまっている、筋肥大、筋力を高めるための負荷としては足りないということです。
きちんと行えば汗が滲んだり、心拍数が高くなるはずですし、負荷に関しても限界までやってみた結果が何回だったということで、はじめから回数を決めてしまうのも必ずしも効果的だとは言えません。

筋肉は加齢とともに萎縮してしまいますが、きちんと鍛えれば大きくすることは可能です。
そのためには正しいトレーニングを行うことが必要です。
むやみやたらに鍛えるのではなく目的に合った方法でトレーニングすることです。