モデルのような歩き方が正しい歩き方なのか?

日常生活で何気なくやっている歩き方に問題があると腰の痛みや膝の痛みを引き起こすこともあります。
歩き方というのもいろいろな考え方がありますので『こうでなければいけない』ということを言うことは難しいです。

ファッションショーに出ているモデルのような歩き方もあります。
あの歩き方を見て綺麗だなと感じたり、あのような歩き方が出来るようになりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、ランウェイと街中での歩き方というのは少し違うかもしれませんのでよく考えてみることも必要かもしれません。
私たちが日常の中で歩くという方法を選択する理由の大きなものは移動手段としてです。
そうなると格好よく歩くというよりはいかに疲れないで長く歩き続けることができるかということです。

歩いていて心臓がしんどくなって歩けなくなるということはほとんどないと思います。
疲れて歩くのを止めてしまうのは脚の筋肉がしんどくなるからということが多いのではないでしょうか。

では、楽に長く歩き続ける歩き方はどうやるのか?という疑問が出てくると思いますが、1番簡単な方法は身体のゆがみを改善し、骨の配列を正しくして、関節が持っている本来の機能をきちんと維持できている自然な良い姿勢に直すことです。
もちろん歩き方というものも重要ですが、まずはベースとなる身体が歪んでしまっていたり、筋肉が過度に緊張していたり、関節の動きが硬くなってしまっていてはやり方以前の問題です。

スクワットでしゃがんだり、立ち上がったりする動作が楽にできるようになると脚が軽くなり、歩行動作が楽になります。
スクワットをすることで身体の歪みを整えることもできます。
歩くという動作でも方法が先にくるのではなく、目的から最適な方法を選ばなければ思ったような結果は出ません。