腹筋を鍛えても骨盤のゆがみは直らない

骨盤は身体の土台ですから、きちんと良い位置で安定させておきたいと考える方は多いと思います。
姿勢に気をつけて胸を張り、背筋を伸ばそうとしている方に多く見られるのが反り腰の姿勢です。
中には腰の痛みを感じる方もいるのではないでしょうか.。

そういった方の多くが腹筋を鍛えて骨盤の位置を直そうとしたり、腰の痛みを改善しようと考えて一生懸命腹筋を鍛えるマシンでトレーニングしたり、仰向けに寝て上体を起こすシットアップをしているのを目にします。

実際に効果があるのかというと、ほとんど変わらなかったり痛みが起こってしまうことの方が多いと思います。
腰の筋肉の出力が大きく、腹筋の出力が小さいために骨盤の位置が崩れてしまったから腹筋を強化して出力のバランスを取るというのはあまり効果的なアプローチではないと思います。

何でも筋力、筋肉で考えてしまうと筋トレという発想しか浮かびませんが、バランスが崩れている状態でトレーニングしてしまってもバランスを改善するには時間がかかってしまいます。
ましてや1つの筋肉だけにアプローチしてしまえばさらに時間がかかってしまいます。

バランスが崩れてしまっていることが原因なのであればまずはそのバランスを取り戻すことが最適なアプローチになると思います。
骨盤の傾きが正常な状態から崩れてしまっているのであれば良い位置に安定させることからやってみれば良いのではないでしょうか。

そのアプローチは様々です。
骨盤の位置が崩れてしまった理由が頭の位置のズレなのであれば頭の位置をきちんと脊柱の上に戻さなければなりません。
肩甲帯をチェックする必要もありますし、仙腸関節や股関節の動きをチェックすることも重要です。
普段の姿勢をチェックすることも必要です。
座った姿勢をとった時にきちんと左右の坐骨結節に体重をかけるように座れているのかを見てみることも大切です。
そういったものをきちんとチェックして崩れを直して初めて筋トレが効果的になります。

その筋トレも腹筋だけを強化するようなものでなく、腹背筋を同時に使うようなものを行います。
寝てしまうとどちらかしか使うことができないので同時に使うためには座って行うか、立って行います。
立って行うエクササイズではスクワットやデッドリフトというエクササイズが挙げられます。

基本的なエクササイズではありますが、きちんと姿勢を保持して行うことができる方は少ないですね。
スクワットというと難しく考えがちですが、人間が持っているしゃがむ、立ち上がるという機能を利用したエクササイズです。
これが上手くできないということは本来の機能が低下してしまっていると考えることもできるわけです。
スクワットだから脚のトレーニングだと考えるのではなく、姿勢を保持する体幹の強さを養うためにはどのような形で行うのかを考えることが重要になってくるということです。