骨盤が整う、股関節が柔らかくなる、ヒップアップしウエストも細くなるワイドスクワット

最近ワイドスタンスでのスクワットでいろいろと良い結果が見られるようになりました。
ワイドスタンスでスクワットは内転筋を鍛えるためのエクササイズと考える方も多いと思いますが、それ以外の効果を引き出すこともできます。

骨盤や股関節の動きが硬い、腰の筋肉に張っているという方も軽いしゃがみこみで行なっていただくと骨盤、股関節の動きも良くなりスクワットをした後に歩いてみると脚が軽くなったり骨盤の左右の高さの違いも改善できました。

中には便秘気味だったのにセッション後、帰宅直後にトイレに駆け込んだ・・・なんて方もいらっしゃいます。
骨盤が良い状態で安定することで内臓の働きが良くなったということなのでしょう。

エクササイズというとどこの筋肉を鍛えるためにということが先にきてしまいがちですが、どういった動きでどの筋肉を刺激するのかということを考えることも大切です。
脚の幅、つま先の向き、どのくらいの深さまで、どのようにしゃがませるのか、どのように立ち上がるのかなど考えてみると同じエクササイズでもいろいろアレンジすることができます。