#35 エクササイズテクニックとサーキットトレーニングについて学んできました

定例勉強会に参加するため大阪へ行ってきました。
今回のテーマは「エクササイズテクニックとサーキットトレーニング」

今回は主にエクササイズテクニックに関する質問が多かったので、サーキットトレーニングについては私が上手くいかなかったことの問題点について伺ったくらいでした。 (その問題点もきちんと理解ができていないことが大きな原因でした・・・)

エクササイズテクニックについて考えてみると「○○のトレーニングは良いのか?」というやり方に注目してしまいがちですが、「目的があって方法がある」わけですからどういう目的でそのエクササイズを行うのかがわからなければ良い、悪いはわかりません。
間違ったトレーニングというものはほとんどなく、目的に合っているかどうかです。

どのエクササイズでトレーニングをするのかについては「どの筋肉を鍛えたい、使いたいのか」、「どのような動作の筋力をつけさせたいのか」をよく考えてからチョイスしなければなりません。

「胸を鍛えるからベンチプレス」という発想にはならないということです。
広背筋を鍛えるラットプルダウンというマシンがありますが、同じ動作をするにしても少し腕の位置を変えることで大胸筋を鍛えることもできますし、一度に大胸筋と広背筋の両方を鍛えることもできます。
ですのでエクササイズやどのマシンをどのように使うのかというところにトレーナーのアイデアが求められるのです。

今回の勉強会ではこのようにエクササイズを考えたり、体勢によってどのような動きで鍛えるのかということを考えることが非常に難しかったですね。
ついつい単純な発想で直線的な動きでしかエクササイズを考えてしまっていました。
まだまだ頭が硬いですね。

もっと色々な発想が出来るように頭を柔らかくしないといけません。
改めて先生の思考の柔軟性の凄さを思い知らされました。
その先生も時間とお金を投資して現場で役立つものに応用して私達に教えて下さるわけですから、教えて戴く私達が時間とお金を惜しむわけにはいきません。

わかっているようでわかっていないためまだまだHow toを求めてしまいますが、“目的があって方法がある”を忘れずに今日からまた実践と反省を繰り返してレベルアップしていきたいと思います。