#34 ウォーミングアップと体操、リフティングテクニックを学んできました

今回の勉強会のテーマは「ウォーミングアップと体操、リフティングテクニック」
身体調整からトレーニングまでを学びました。

ウォーミングアップと体操については一度学びましたが、実践していくなかでもいろいろ疑問に思うことが出てきます。
ウォーミングアップの目的は関節の動きを良くしておいたり筋温を上げて筋活動をやりやすくするための準備をすることです。
心拍数を上げるというのも方法の1つですが、体操でこれからやる運動をするための関節運動をしっかりしておくという方法もあります。

やはりどこにもストレスがかかっていない自然体の姿勢が基本です。
セッションでは姿勢の崩れがあれば身体調整で戻してからトレーニングを行うようにしていますが、それで身体的準備ができているのか疑問が出てきたので質問してみました。
筋肉の性質には粘弾性があり、筋肉が硬いといってもいろいろなケースがあり、どれを改善するかによってアプローチを考えなければなりません。

筋肉が硬い時によく使われるストレッチ、ストレッチングでは粘性のみが改善しますが弾性を改善することができません。
私自身がセッションで行っていた身体調整は粘性を改善するアプローチしかしていなかったということです。
これから身体を動かす準備をするのなら弾性も取り戻さなくていはいけないのです。

実践ではその弾性を取り戻すアプローチを教わりました。
筋肉が硬いので毎日ストレッチングは続けているのですが、実は劇的に改善は見られていません。
ですので、使えている筋肉、使えていない筋肉がある崩れた姿勢なのですが、そのアプローチ後に前屈をしてみても楽にできますし、腕を挙げたり回したりも非常に楽になりました。
ちなみに使えていないと言われていた筋肉にも適度な緊張がありスクワットをしてみても安定感がありました。
今後はこれを続けて弾力のある筋肉作りもやっていきたいと思います。

その他にも体操の基本を再度確認していきました。首の関節の動きや腕回しなどわかっているつもりでまだまだ問題点を見抜く目が足りないことを痛感しました。
ただ、きちんと動かせるとそれだけでも身体の動きは変わるのでしっかり実践してレベルアップしていきたいと思います。

しっかり身体の準備ができたところで後半はトレーニングに移りました。
今回はリフティングということでデッドリフトやクリーン、そこからのプレスなどを楽に大きな力を出すというポイントを押さえながら学びました。

以前にも教わったのですが、自分の中で上手く出来ているという実感がなかったので先生に見ていただくとさっそく修正点を指摘されました。
フォームを意識し過ぎてこじんまりしたデッドリフトになってしまっていました。
足の幅、手の幅、背中・腕などの適度な緊張がある姿勢から立ち上がると楽にバーベルを挙げることができました。そこからハングクリーン、プレスなどとにかく楽にバーベルを動かすというところをポイントに置いて行いました。
終わった頃にはハムストリングスや臀筋などいろんな部分に適度な疲労感がありました。
これはバーベルにこだわらずダンベルでも身体の使い方の練習になるのでセッションでの指導の幅が広がりそうです。

その他にもスクワットやベンチプレスなど有名どころのエクササイズでも楽に大きな力を出すを繰り返しました。
スクワットもきちんとしゃがめば大腿四頭筋にはそれほど効かないということがよくわかりました。
また指導の時にきちんと出来ているか見る目を養っていきたいと思います。

それ以外にもサッカーや水泳の大変参考になる事を伺うことができました。
現時点での疑問も解決できましたし、新たなアプローチを教わることができ、充実した1日になりました。