深呼吸でも体はゆるめられる

身体を緩める手段としてストレッチングなどがありますが、深呼吸も身体を緩める手段として使えます。
身体が縮こまって筋肉が硬くなっている方は深呼吸をしてみてもお腹が膨らんで戻るだけです。
身体が緩んでいると深呼吸をした時に胸郭も動きます。
深呼吸で胸郭の動きが見られないということは筋肉だけでなく、身体の内側も硬くなっていると考えられます。

腹式とか胸式といったことにこだわらず、胸郭の動きを引き出すようにしながら呼吸を繰り返すと徐々に身体の内側も柔らかくなり、数回深呼吸を繰り返すだけで胸郭の動きが出てきます。

パソコン作業を長時間行って身体が縮まってしまっている方などに行っていただくと身体が緩んだような感覚が出るだけでなく、息が吸いやすくなり、自然と呼吸も大きくできるようになりました。

現代のストレス社会では精神的なリラックスを引き出すためにも深呼吸は良いですが、縮こまって内側まで硬くなっている身体を緩める手段として使ってみることもお薦めです。

広告