トレーニングの考え方

練習とトレーニングとの違いとは?

スポーツをしている人は日頃トレーニングと練習の2つを繰り返しています。
「練習」と「トレーニング」は全く異なるものです。
練習とは何か、トレーニングとは何かを考えたことはあるでしょうか?
このあたりがはっきりしていなければ結果は全く違ってきます。

トレーニングとは筋力を高める、パワーを高める、スタミナやスピード、柔軟性を高めるといったことが目的になります。
いわゆる基礎的な身体作りです。

一方、練習はその競技、スポーツに必要な技術、スキル、テクニックが上手くできるようにするためのものです。確かに力が強くなれば重いものが軽く感じられますが、筋力の向上でパフォーマンスがアップするのは初期のレベルからある程度のレベルまでの話です。問題は、高めた力をスポーツ、競技の動作の中でいかにうまく出し切るかということです。これが技術であり、それを高めるための方法が“練習”です。力の出し方がうまくなればそれがパワーに繋がります。

この違いがきちんと理解できていないと「トレーニングをして筋量、筋力が上がったのにパフォーマンスが上がらない」ということになってしまいます。
野球が上手くなりたければ野球を、速く走れるようになりたいのであれば走る練習を、泳ぐのが速くなりたければ泳ぐ練習をしなければならないということです。

スポーツでは練習ばかりに重きを置かれることが多いですが、基礎体力の上に技術があります。今より高度な技術を身につける練習をするためには体力もそれに見合ったレベルにないといけません。練習とトレーニングはどちらかだけでもダメ、パフォーマンスを高めるためには両方バランス良くやる必要があるということです。

両立させるというと練習をした後にトレーニングを行うということがよくありますが、これはあまり効率的とは言えません。
練習では動きを覚えるために身体を動かさなければいけません。
これは神経系のトレーニングになるので身体が元気な状態でやらなければなりません。
これを疲れた状態で行ってしまうと速く動くことができません。
ゆっくりとした動きでトレーニングしてしまうと遅い動きでは上手くできるようになるかもしれませんが、決して速い動きできちんとできるようにはなりません。

トレーニングでは大きな力を出さなければなりません。
重いものを素早く持ち上げようとするという時にも神経を使います。
筋肉が疲れていれば神経も疲れているので大きな力を出したり、素早く動くことはできません。

つまり、練習とトレーニングは並行して行わなければなりませんが、それぞれを別の日に行うか、時間を置いて集中して行うということです。

よくあるのが長時間練習すれば上手くなる、速くなるという考え方です。
しかし長時間の練習のメリットはほとんどありません。
例えば1日に8時間練習したなら、その身体を動かした時間の分だけ疲労を回復しなければなりません。
試しに8時間も動いてみればわかると思いますが、早く就寝して8時間寝てしっかり休んだつもりでも疲労は多少残ります。
それでまた翌日朝から1日練習すれば、さらに疲労は溜まります。
結局長時間練習がもたらすのは技術の向上ではなく、疲労の積み重ねでしかありません。

技術を身につける、筋力を高める、パワーをアップさせるのであれば元気な状態で練習、トレーニングをしなければいけません。
ということは時間は短くするということです。
そうすれば疲労回復の時間も短くて済みます。
大切なことは、集中して練習、トレーニングを行うことです。

ちなみに子供の集中力がどのくらい続くのかは学校の授業の時間が参考になります。
1つの授業の時間は小学校は45分、高校は60分、大学は90分です。(必ずしも全ての人がこの時間集中し続けるとは限りません)
その間には休憩時間が必ずあります。
何時間も休みなく連続で行うことはありません。
つまり3時間も4時間も連続して集中し続けることはできなくて当たり前ということです。
これは大人にも当てはまります。
長時間同じ作業を続けるのはあまり効率的ではないということです。
適度に休憩を入れながら行うのが実は能率も上がるのです。

広告