太ももを引き締めヒップアップするデッドリフトのやり方

デッドリフトは下にある重りを持ちあげるエクササイズです。
一般的には背筋強化のエクササイズのイメージですが、全身を鍛えるエクササイズです。

お腹のインナーマッスルとして耳にする有名な筋肉である腹横筋を鍛えるエクササイズと言えば代表的なものはドローイン(お腹を引っ込める)があります。
デッドリフトで腹横筋を鍛えることもできます。

お腹を引っ込めて鍛えるような筋肉ならデッドリフトをする時にドローインして行うのか?
やり方だけを考えればそういった発想になっても仕方ないかもしれません。
何事も『目的があって方法がある』ですから、やり方ではなくどういった目的でデッドリフトをクライアントにやらせるのかが肝心です。

腹横筋を鍛えるからといって何か特別なやり方をするわけではありません。
普通のヨーロピアンスタイルと呼ばれる床からバーベルを持ち上げるというスタイルのデッドリフトで腹横筋を鍛えることができます。
ただし腕、背中などの緊張のバランスがきちんと取れているところから立ちあがっていかなければ使う事はできないのです。
そうなると指導する側がきちんと見抜く目を持っていなければいけません。
自分がきちんとできるようになることも大切ですが、クライアントにどのようにやらせるか、どのように指導するのかといったこともしっかり考えていかなければなりません。

広告