バタ足をすると太ももや脚が疲れるのは筋力が弱いから?

水泳でバタ足を打つと太ももや脚が疲れるという人がいます。
筋肉がすぐに疲れて長く動かせないというと、一般的には原因は筋肉がないから、筋力が弱いからと言われますバタ足をして太もも疲れるのは疲れるようにやっているからです
筋肉れば、筋力が強ければ永遠に脚を動かし続けられるようになるなんてことはありません

バタ足をすると疲れるという方のほとんどは足首を伸ばし、膝を伸ばし棒のように状態にして動かします。
フィットネスクラブの泳ぎ方の教室などでも一般的には「膝を伸ばして脚の付け根から動かしましょう」と指導されます。

膝を伸ばすために働くのは太ももの前の筋肉です
膝を伸ばし切ったままキックを続ければずっと太ももの前の筋肉を緊張させたまま動かしているということになります。
筋肉は意識的に使えば余計に筋肉を動かすエネルギーを使います。
そういうバタ足をしていれば筋肉を動かすエネルギーが尽きてしまうから疲れてしまうのです。

意識的に筋肉を動かすエネルギーを使うから疲れるわけですから、逆のことをする、もっと楽に力を抜いてバタ足をすれば長くやっても疲れないでできるようになります。

脚の付け根と言うと多くの人が“股関節”をイメージしますが、胴体と脚を繋いでいる筋肉はみぞおちから付いていますし、脚はお尻の筋肉で動かします。
その部分を使ってバタ足を打つとよく本にも書かれていますがスクリューのようきになります。

以前フィットネスクラブのスタッフとして勤めていた時に大人だけでなく子供向けの水泳のレッスンもやっていましたが、そのやり方だと子供でも年配の方でも少しずつが疲れることなく打つことができます。

また、速く泳ごうと一生懸命打ってしまうことも脚が疲れてしまう原因です。
筋肉のエネルギーは7秒しかもちません。
陸上の100m走でも約10秒かかりますので持久力は必要です。

ですからバタ足も速くを動かそうと頑張すぐに筋肉のスタミナが切れてしまいます。いくら筋トレをしても筋肉のスタミナはそれほど増えません。
長く泳ぎ続けたいのであれば筋に疲労が溜まらないようにもたせないといけないのでもっと楽に打たなければいけないということです。
背泳ぎクロールならバタ足だけでなく腕をうまく使えば楽に長く泳げるようになるはずです。

バタ足をすると膝が痛いという人がいるようですが、そもそもO脚、X脚のように脚が捻れている場合はバタ足よりもそちらの方が原因かもしれません。
脚は綺麗に真っ直ぐ伸びるのにバタ足をすると膝が痛いという場合はバタ足のやり方に問題があると考えられます。
膝を伸ばしたバタ足ではなく、お尻の筋肉を使ったバタ足に修正してみることです。

広告