子供の100m、200m個人メドレーのタイムを縮めるための練習の考え方

スイミングスクールで指導していた頃に個人メドレーのクラスを受け持つことがありました
進級するには設定タイムをクリアする必要があり、そのためのトレーニングプログラム作成にいつも苦労していました。

インターバルの取り方については気をつけて練習しているつもりでしたが、なかなか上手くいかず、前回の結果は散々なものだったり。

その反省を踏まえて全てのコースでインターバルを10秒に決め、それぞれの進級基準タイムの平均ペースで泳ぐことをテーマに50mのクラスでは25mであったり、100mや200mのクラスでは50mずつ4泳法を順番に泳ぐという形で練習を進めてことがありました

200mのクラスでは、キックが最後まで打てるようになるまで何度も繰り返し、できるようになったら片手を回したりといったドリル練習をさせていきました。
その時もキック練習と同じようにキックを打ちながら泳ぐということを徹底しました。
それができるようになるまで繰り返し、できるようになってスイムにしていくという形です。

疲れてくると出てくる泳ぎの癖があるのでテストでも上手くいかないわけですから、今回は短いインターバルの間に泳ぐペースが速いのか遅いのか、泳ぎをどのようにすれば良いのかといったアドバイスなどを一言二言混ぜながらとにかく泳いでいきました。

その結果、100m個人メドレーのクラスでは7人中4人が基準タイムをクリアすることができました。
200
mのクラスでは11人中6人が基準タイムをクリアすることができました。
合格した子の中には25秒や30秒以上速くなった子もいました

タイムが切れなかった子も、ほとんどの子で自己ベストを更新したり、前回よりもタイムが良くなっていました。

こういったやり方でそれなりに結果を出すことができ、インターバルトレーニングについてや速く泳ぐというよりペースを決めて泳ぐという考えもあるということを自分なりに理解することができました