#19 トレーニング基礎理論について学んでました

H.S.S.Rラボへ伺って「トレーニング基礎理論の考え方と理解の仕方」について学びました。
個人的に「コンディショニング」、「バイオモーターアビリティ(筋力、持久力、スピード、調整力、柔軟性)」についてわかっていないということを感じていましたので、一度頭の中を整理する意味でも基礎理論を学びたいと思ってお願いしたというわけです。

バイオモーターアビリティの1つ1つの要素について考え方を整理しました。

・筋力について
最大筋力を高めるということが目的となります。
筋の力の発揮の仕方や収縮形態についての用語、アイソメトリックやコンセントリック、エキセントリック用語の意味だけでなく、最大筋力を高めるために実際の指導の場面でそれらの力の発揮形態でどのように高めることができるのかについても整理しました。
筋力というのは実際の指導の現場でも当たり前のように使われている言葉ですが、意外と理解できていないものです。

筋の収縮にもいろいろなパターンがあり、それを応用することでトレーニングの刺激のバリエーションもたくさん出てきます。
単純に筋肥大なら70~80%1RMという発想にはならないということです。
以前、「トレーニングの刺激の変え方は無限大にあります」というアドバイスをいただいたのですが、その時はよくわかりませんでしたが1つ1つ整理していくことでその意味がわかったように思います。

筋を肥大させたり、筋持久力を向上させたりするときに使われる〇%1RMという負荷設定は週に2~3回くらいしかトレーニングしない一般の方を指導する時でもきちんとテストしないといけないのか?と疑問を感じていましたが、動きを見る目を養うことができれば、だいたい何%1RMくらいの負荷がかかっているのかわかるということが分かりました。

その他にもドローインやインナーマッスル・アウターマッスル、スタビライゼーションやバランストレーニングなど、トレーナーが勘違いしてしまっているものについても整理していきました。

・調整力について
調整力というのは筋力と並んで言葉の定義が難しいものです。
コーディネーション、コオディネーションなど様々な言葉で表されます。
コーディネーションは思った通りに手足が動かせるような身のこなしの上手さで、それを身につけるためにはパターン化されたドリルをゆっくりから少しずつ速く行っていきます。
つまりできる→できるの積み重ねですね。
しかし、試合などではそのようなドリルには出てこない動きを要求される場面が出てきます。
これとは違った考え方がコオディネーションにはあります。
つまり、予測できない不意の動きにどのように対応するかということです。
ですからコオディネーションのトレーニングでは、『できない』ことをやります。
しかし、それはできないわけですから、上手くできるようにすることが目的ではありません。
そのような刺激を与えることによって実際の試合で予測できない動きに対応できるものを養っておくということです。
野球で取れないようなノックを行うことがありますが、考え方によっては、そういうボールに反応する動きを身につける練習になるわけです。(ほとんどの場合は違う目的で行われているようですが・・・)

調整力に関しては一般の方のレベルであれば、身体がきちんと使えているかどうか?動かす手順が合っているかどうか?ストップがかかることなくスムーズに動くことができているかどうかが大切なようです。

・柔軟性について
静的柔軟性と動的柔軟性があり、静的柔軟性はスポーツパフォーマンスの向上には直結しないが、硬いと身体を動かす際に大きなストレスを自分で受けてしまうので、ノーマルな状態までは楽に動かすことができるようにしておくことが大切になってきます。

・持久力について
持久力は有酸素能力、最大酸素摂取量が目安になります。
その中でも体重1kg当たりの最大酸素摂取量が目安になります。
女子のマラソンではレースに合わせてウェイトコントロールをするのだそうです。
身体が軽ければ酸素を体重が軽くなった分だけ有効利用できるからです。
その他にも心拍数とスピードが正比例します。

・パワーについて
パワーに関しても勘違いしていることが多く、理論的には「最大筋力×1/3×スピード」で向上するということですが、野球のバットのスイングスピードを上げたい時に、理論上ではベンチプレスが160kg挙がるなら、その3分の1の50kgくらいのシャフトを振ったらスイングスピードが上がるのかということになりますが、おそらく上がらないだろうというのは理解が浅い私でも想像できます。
大切なことは自分がいつも振っているバットを速く振る感覚を身体に覚えさせるかということです。
ですから負荷もいつも振っているバットの重さが基準になるということです。

・その他の要素について
その他にもアジリティやモビリティなどもありますが、コンディショニングはこれらの身体的な要素だけでなく、精神的な要素、栄養の要素、休養の要素など全てをバランス良く高いレベルに持っていかなくてはなりません。
一般の方であれば競技をしている人であってもそれほどでなくては良いにしてもこれらを全て満遍なくというのは大変なことです。
それがトップレベルのアスリートの指導となるともっと考えて行わないといけないということです。

基礎理論とはいえ、トレーニングやコンディショニングというものの奥の深さを改めて感じました。

広告